外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 60年代に西日本一帯で起き、国内最大の食品公害とされるカネミ油症の患者と遺族計59人が、原因企業のカネミ倉庫(北九州市)に6億500万円(患者1人当たり1100万円)の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁小倉支部は21日、原告の請求を棄却した。原告側は控訴する方針。原告は、患者と死亡した患者の遺族で、08年に提訴した。大半は04年以降に新たに認定された人たちで、認定まで医療費を自己負担していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信