外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】先月、94歳で死去した旧ソ連の銃器設計者ミハイル・カラシニコフ氏は、自身が生んだ銃が大量の人命を奪ったことで心の苦しみを抱えていた。13日付ロシア紙イズベスチヤは、同氏がロシア正教会最高位のキリル総主教に悩みを打ち明けた書簡の内容を伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信