外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フランス南部の保養地カンヌの高級ホテルで28日の白昼に起きた宝石強盗で、事件を捜査している現地の検察当局は29日、被害額は1億300万ユーロ(約133億円)に上ると明らかにした。フィガロ紙(電子版)は「世界最大の宝石強盗」と伝えた。被害額は当初、4千万ユーロ(約52億円)相当とみられていた。事件は高級ホテル「インターコンチネンタル・カールトン・カンヌ」で開かれていた宝石の展示会で発生。

共同通信