外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【プノンペン共同】カンボジアの首都プノンペンで観光客の日本人女性が強盗に遭い脚を撃たれて負傷した事件などに絡み、地元警察当局はカンボジア人の32歳と25歳の男2人を逮捕した。警察幹部が9日、明らかにした。2人は7日に逮捕され、日本人女性を襲った事件を含め、9月以降計8件の強盗に関与したことを自供したという。被害に遭った日本人は本籍・埼玉県の高柳早季子さん(33)。

共同通信