外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 カーリングの日本選手権最終日は14日、青森市で行われ、女子決勝は昨年優勝の中部電力が、五輪2大会連続出場の本橋麻里が主将を務めるロコ・ソラーレ北見に8―6で逆転勝ちし、2連覇を果たした。男子決勝はチーム常呂から登録名が変わったチーム北見が4―2でSC軽井沢クラブに競り勝ち、3連覇を果たした。3位決定戦の女子はチーム青森が6―3で北海道銀行を下し、男子は北見協会が9―6でチーム東京に勝った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信