外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バーゼル(スイス)共同】カーリング男子の世界選手権最終日は10日、スイスのバーゼルで行われ、3位決定戦で日本代表のSC軽井沢クは米国に6―8で敗れた。男子初のメダルは逃したものの、2014年大会の5位を上回る過去最高の4位となった。決勝はカナダが5―3でデンマークを下し、4大会ぶりの優勝を果たした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信