外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 イスラエル軍による2009年のパレスチナ自治区ガザへの攻撃で娘3人とめいを失い、執筆活動や講演で平和を訴えるパレスチナ人の医師、イゼルディン・アブエライシュさん(62)が27日、東京都内で記者会見した。戦争の悲惨さを強調し「全ての人が平和のために立ち上がるべきだ。私は娘たちを失ったが、希望は失っていない」と訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信