ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ガザ南部で発砲、停戦後初の死者

 【ハンユニス共同】パレスチナ自治区ガザ南部ハンユニス東方のイスラエルとの境界近くで23日午前、イスラエル兵が発砲し、ガザを支配するイスラム原理主義組織ハマスによると、住民1人が死亡、農民ら25人が負傷。21日の停戦合意後、武力行使で死者が出たのは初。イスラエルとハマスの衝突再燃が懸念される。イスラエル放送によると、同国軍は23日、ガザ周辺の地上部隊の撤収を段階的に開始したが大部分は維持している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。