外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 橋下徹大阪市長は26日、従軍慰安婦に関する自身の発言の影響で中止した米国視察のキャンセル料を公費支出することに関し「市民におわびしないといけない。道義的責任を感じている」と述べた。同時に「発言自体に違法性はなかった」として、支出自体に問題はないとの認識を示した。市議会委員会での自民党市議に対する答弁。橋下氏は「発言が誤解を生むような伝わり方をしたので、先方が訪問を受け入れられなくなった」と釈明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信