外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国務省は29日、キューバ駐在の米外交官らが聴覚障害などの不調を相次いで訴えた問題で、首都ハバナの大使館に勤務する職員の半数以上に国外退避を命じた。聞き取れない音域を発する高性能な音響装置で外交官らが攻撃を受けた可能性が指摘されている。AP通信によると、同大使館の米国人職員はこれまで約50人だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信