外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ハバナ共同】安倍晋三首相は22日午後(日本時間23日午前)、キューバの首都ハバナで、同国トップのラウル・カストロ国家評議会議長と会談し、日本からの投資を拡大する方針で一致した。経済連携の強化が狙い。医療分野での支援も促進。首相は北朝鮮の核・ミサイル開発に関し異なるレベルの脅威との認識を伝達。キューバが北朝鮮と友好国であることを踏まえ、日本人拉致問題の解決へ協力を要請した。日本の首相がキューバを訪れるのは初で、歴史的訪問となった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信