【パナマ市共同】キューバの共産党大会が16日、ハバナで開催され、第1書記のラウル・カストロ国家評議会議長(84)が冒頭の基調報告で、党幹部の年齢の上限を70歳にするなど将来的に政府や党のポストに年齢制限を設けることを提案した。指導部のスムーズな世代交代が狙い。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。