【ロンドン共同】国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は14日、日本のビール大手「キリンホールディングス」のミャンマーの子会社が、同国西部ラカイン州でのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害が指摘されるミャンマー軍側に金銭を寄付していたとの声明を出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。