外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】中央アジアのキルギスの首都ビシケクにある中国大使館付近で30日午前(日本時間同日午後)、爆発が発生した。ロシアやキルギスのメディアによると、ラザコフ副首相は現地記者団に自爆テロとの見方を示した。中国国営通信、新華社によると、容疑者が死亡したほか、大使館で勤務する地元職員3人と警備員2人の計5人が負傷した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信