外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アテネ共同】ギリシャ国会は5日未明(日本時間同日朝)、パパンドレウ内閣に対する信任投票を行い、賛成多数で内閣を信任した。パパンドレウ首相が唐突に発表した国民投票構想で崩壊の危機にひんした内閣は、不信任を瀬戸際で防いだ。内閣総辞職や解散・総選挙がなくなったことで、ギリシャ財政が破綻して世界経済に大混乱を及ぼす可能性は当面、回避された。首相が演説で野党に連立を呼び掛けるとともに辞任を示唆した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信