外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アテネ共同】ギリシャのパパンドレウ首相と最大野党の新民主主義党(ND)のサマラス党首の会談がパプリアス大統領の仲介で6日夜(日本時間7日未明)、開かれた。会談後の大統領声明によると、両者は財政危機を乗り切るため、与党の全ギリシャ社会主義運動(PASOK)とNDによる大連立政権を樹立することで基本合意した。パパンドレウ首相は新政権に加わらず退陣する。両党は2月19日に総選挙を行うことで合意した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信