外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アテネ共同】大連立政権が発足したギリシャのパパデモス新首相は11日、就任後初となる閣議に臨んだ。地元メディアによると、新首相は党派を超えた協力の必要性を強調、財政危機の収拾に意欲を見せた。新政権の喫緊の課題は、欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)による80億ユーロ(約8480億円)の第6弾支援の確保。ベニゼロス副首相兼財務相は新政府の「最優先課題」として、支援の円滑な実施を求めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信