外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】ギリシャは9日夜(日本時間10日未明)、欧州連合(EU)による金融支援再開の前提となる財政再建策をEU側に提出した。EU側が求めていた付加価値税(日本の消費税に相当)や年金の改革でほぼ全面的に歩み寄った。ロイター通信によると、再建策実施の見返りとして2018年6月末までの3年間で535億ユーロ(約7・2兆円)の支援を求める。同国のチプラス政権はユーロ圏残留を懸け、週末に予定されるEUの協議に臨む。

共同通信