外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アテネ共同】ギリシャ議会が次期大統領の選出に失敗したことを受け、サマラス首相は30日、パプリアス大統領と会談し、議会を解散し来年1月25日に総選挙を実施するよう要請した。大統領官邸の報道担当者によると、議会は31日に解散され、総選挙実施の大統領令も同日発令される。

共同通信