外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】大連立政権が発足したギリシャからの報道によると、最大野党から与党に転じた新民主主義党(ND)のサマラス党首は14日、欧州連合(EU)などからの金融支援と引き換えに今後新たな財政緊縮策が必要となった場合、実施に協力しない方針を明らかにした。新政権内の足並みの乱れが早くも表面化した形。来年に予定されている総選挙を見据え、国民の反発が強い緊縮策への関与を避けたい意向とみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信