ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ギリシャ、歳出削減法案を可決

 【アテネ共同】ギリシャ国会は8日未明(日本時間同日朝)、欧州連合(EU)などが次期支援の条件としている135億ユーロ(約1兆4千億円)規模の歳出削減策などに関する法案を可決した。これにより次期支援約315億ユーロの実施に向けた道が開けた。ギリシャは支援なしでは今月中に国庫が底を突き、財政破綻するとされている。次期支援を受けるには2013年緊縮予算案の国会通過も必要で、11日に可決される見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。