外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アテネ共同】ギリシャで来年1月の総選挙実施が決まったことを受け、最大野党、急進左派連合(SYRIZA)のツィプラス党首は29日夜に開いた集会で「緊縮策を強いられ、国民が苦しむ状況を解決する」と訴え、欧州連合(EU)主導で政府が進めてきた緊縮路線を転換する方針を鮮明にした。

共同通信