外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は24日、若者がダンスを楽しむクラブの規制を緩和する風営法改正案を閣議決定した。現行法は、客に飲食を提供しダンスをさせる形態を風俗営業とみなし、営業時間を原則午前0時までに制限。改正案では、ダンスをさせるかどうかではなく、店内の明るさ(照度)を基準に風俗営業に該当するかを区別する。一定の条件を満たせば24時間営業も可能になる。

共同通信