外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】1960年代にサッカーの日本代表を指導し「日本サッカーの父」と称されるドイツ人のデットマール・クラマー氏が17日、死去した。90歳。同国サッカー連盟が18日に発表した。死因は明らかにされていないが、日本の関係者によるとがんを患っていたという。

共同通信