外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は8日、ホワイトハウスで記者会見し、政権の経済対策の早期実現を阻む議会に対し、結果を出すまでクリスマス休暇を返上して働くべきだと批判。自らもハワイで予定している休暇を取りやめる覚悟があると述べ、強い圧力をかけた。議会では、年末に期限を迎える勤労者向けの社会保障税減税延長の是非をめぐる与野党の議論が大詰めだが、結論が出ないまま議員らが休暇に入る可能性がある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信