ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

クリスマス寒波襲来

 日本列島は25日も冬型の気圧配置が続いた。気象庁は、北日本の日本海側と北陸を中心に26日にかけて大雪になるとして警戒を呼び掛けた。北日本では猛吹雪となる所があり、海上は大しけとなるとみられる。25日朝は、寒気や晴れて地表の熱が奪われる「放射冷却」の影響で、北海道を中心に44地点で12月として観測史上最低気温(過去タイ含む)を記録した。主な地点は、北海道富良野市氷点下28・4度(過去タイ)など。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。