外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベツレヘム、バチカン共同】世界のキリスト教ゆかりの地で24日夜から25日にかけ、クリスマスのミサが行われた。キリスト生誕地とされるヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムや、カトリックの総本山バチカンには各地から信者が集まり、「特別な夜」は厳粛な空気に包まれた。ベツレヘムは治安状態が安定し、今年の来訪者は既に過去最多の145万人を記録。バチカンのサンピエトロ大聖堂でも深夜ミサが行われた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信