外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は15日、インタファクス通信のインタビューで、ウクライナから一方的に編入したクリミア半島への核兵器配備はあり得るか問われ「クリミアは核拡散防止条約(NPT)で核兵器保有が認められた国家の一部になった」と述べ、同半島への核配備は可能だとの考えを示唆した。

共同通信