外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】華麗で官能的な作風で知られるオーストリアの画家グスタフ・クリムト(1862~1918年)が晩年に愛用したウィーンのアトリエの一般公開が9月30日始まった。今年はクリムト生誕150年で、同国政府が当時の内装を忠実に復元、初日から美術ファンでにぎわった。日本からも多くの観光客が訪れそうだ。アトリエはウィーン西部の住宅街に立つ19世紀の石造りの一軒家。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信