外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】血栓の治療でニューヨークの病院に入院したクリントン米国務長官(65)の医師団は12月31日、血栓は頭部から見つかったことを明らかにした。クリントン氏は元気で、症状にも目覚ましい改善が見られるとして「完全に回復する」と強調している。米国務省が医師団の声明を発表した。血栓は右耳後方の頭蓋骨と脳の間にある静脈で見つかった。脳卒中や神経系への障害は起きていないという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信