外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】昨年ウイルス性胃腸炎の療養中に倒れ、その後見つかった頭部の血栓治療のため一時入院していたクリントン米国務長官が7日、国務省での幹部会議に出席、約1カ月ぶりに公務に復帰した。クリントン氏は会議で、リビア東部ベンガジの米領事館襲撃事件に関する独立調査委員会が列挙した29の全ての改善点について、次期長官就任までに取り組みを始めるよう出席者に指示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信