外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米大統領選の民主党候補クリントン前国務長官(68)は11日、中西部ミシガン州で演説し「環太平洋連携協定(TPP)は職を奪う。選挙が終わって大統領になっても反対だ」と強調した。共和党候補のトランプ氏(70)が「クリントン氏は大統領に就任すれば賛成に転じる」としていることに反論した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信