外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】体調不良で一時休養していた米大統領選の民主党候補クリントン氏(68)が15日、ノースカロライナ州で選挙遊説を再開。肺炎と診断されたが、せき込むこともなく演説を終えた。11月8日の投票日まで2カ月を切り、「家にいるなんて最もしたくなかったこと」と完全復帰を宣言した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信