外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国務省は15日、胃腸炎を患っていたクリントン国務長官(65)が一時、意識を失ったと発表した。現在は自宅で回復途上にあるが、週明け以降は自宅で療養しながら職務に当たるという。意識を失った日時や場所は明らかにしていない。発表によると、ウイルス性胃腸炎にかかっていたクリントン氏は、脱水症状となって気を失い、脳振とうを起こした。引き続き医師の診察を受けている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信