外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヘンプステッド共同】ニューヨーク市郊外ヘンプステッドで26日行われた米大統領候補の第1回討論会で、民主党クリントン(68)、共和党トランプ(70)両氏は核政策や環太平洋連携協定(TPP)を巡り主張をぶつけ合った。クリントン氏が日本などとの同盟関係を重視する立場を示したのに対し、トランプ氏は同盟国に防衛費の負担増を求める考えを譲らなかった。両氏の外交方針は大きく異なり、今後の議論に世界の関心が高まりそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信