外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 栃木県鹿沼市で4月、クレーン車を運転中にてんかんの発作で意識を失い、小学生6人をはねて死なせたとして、自動車運転過失致死罪に問われた元運転手柴田将人被告(26)に宇都宮地裁は19日、求刑通り、法定刑の上限の懲役7年の判決を言い渡した。佐藤正信裁判長は判決理由で「病気に真摯に向き合わず危険性を軽視したことが事故の原因。注意義務を怠ったのは悪質で重大だ」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信