ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

グアム無差別殺傷事件で男を起訴

 【グアム共同】米領グアムの無差別殺傷事件で、地元市民で構成する大陪審は21日、殺人と殺人未遂の罪でチャド・デソト容疑者(21)を起訴した。デソト被告は多くの負傷者について傷害容疑で訴追されていたが、全て殺意が認定された。27日に罪状認否が公開で実施される。裁判所と検察当局が発表した。罪状認否でデソト被告が無罪を訴えれば、予備審理を経て陪審員による公判が開かれる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。