外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 検索大手グーグルのサイトで文字入力の途中に予測される単語や補助情報が表示される「サジェスト機能」をめぐり、プライバシーを侵害されたとして、日本人男性がグーグルの米国本社を相手に表示差し止めの仮処分を申し立て、東京地裁(作田寛之裁判官)が認める決定をしたことが25日、男性側への取材で分かった。決定は19日付。男性側によると、サジェスト機能の差し止め決定は初とみられ、グーグルは従わない姿勢という。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信