外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米インターネット検索大手グーグルが無線LANを通じ個人情報を誤って収集していた問題で、同社は22日、情報の中に電子メールの内容やパスワードが含まれていたと発表した。違法なプライバシーの侵害に当たる可能性が高まった。グーグルは「速やかにデータを消去したい」と説明、法令順守の教育徹底など社内対策を急ぐ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信