外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】来年11月の米大統領選に向け、共和党の候補指名獲得を目指してきた黒人実業家ハーマン・ケイン氏(65)は3日、南部アトランタで記者会見し、選挙戦からの撤退を表明した。一連のセクハラ疑惑と不倫疑惑で支持率が急落、指名獲得は不可能と判断した。来年1月3日に中西部アイオワ州で始まる党員集会・予備選を控え、同党の候補争いは混戦が続いている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信