外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ケニア南東部のモンバサで日本人男性が銃撃されて死亡した事件で、東洋建設(東京)は16日、男性は同社の協力会社社員小川悟さん(51)=大阪府出身=と現地スタッフが確認したと発表した。また現地の警察当局などから得た情報として、犯行グループは5人とみられ、小川さんは乗っていた車の窓ガラスを棒のようなもので割られた後、銃で肩辺りを撃たれたと明らかにした。

共同通信