外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヨハネスブルク共同】東洋建設(東京)に16日までに入った連絡によると、ケニア・モンバサ港の工事に従事していた同社協力会社の日本人男性が死亡した。事件に巻き込まれたとみられ、東洋建設などが確認を急いでいる。新華社電によると、死亡したのはオガワ・サトルさん。東洋建設は男性が小川悟さん(51)とみている。新華社は、ケニア警察当局者の話として、工事現場のすぐ近くで強盗団に射殺されたと伝えた。

共同通信