外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ナイロビ共同】ケニアの首都ナイロビで9月、ソマリアのイスラム過激派がショッピングモールを襲撃した事件の際、モール内に数人の日本人が居合わせ、無事脱出していたことが4日までに分かった。このうち40代の現地在住の女性が、店舗奥に隠れて難を逃れた当時の状況を共同通信に証言し、「テロは許せない」と強調した。

共同通信