外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】故ケネディ米大統領の側近でスピーチライターを務めたセオドア・ソレンセン氏が10月31日、ニューヨーク市内で死去した。82歳だった。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が妻の話として報じた。同氏が起草したケネディ氏の就任演説(1961年)には「国が諸君に何をしてくれるかではなく、諸君が国のために何ができるかを問いたまえ」という名文句が盛り込まれた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信