外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 キャロライン・ケネディ駐日米大使は10日、被爆地の長崎市を訪問した。原爆資料館を視察し「深く心を動かされた。可能な限り、被爆者の活動を支援していきたい」と所感を述べた。11月の大使就任後、被爆地を訪れるのは初めて。

共同通信