【ベルリン共同】1970年代半ばから東西冷戦の終結とドイツ統一後まで約18年間にわたり外相を務めたドイツのハンスディートリヒ・ゲンシャー氏が3月31日、急性循環不全のため西部ボン近郊の自宅で死去した。89歳。ドイツメディアが1日伝えた。統一の際、関係諸国の支持獲得に尽力した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。