外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 名古屋大の研究チームが、イネの種子の大きさを制御する遺伝子を見つけ、22日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。この遺伝子が活発に働くとコメ粒が大きくなり、1株当たり最大15%ほど重くできたという。

共同通信