外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】中東イエメンで4月から流行が続くコレラについて、赤十字国際委員会(ICRC)の担当者は29日、ジュネーブで記者会見し「今年末までに感染が疑われる人が100万人に達する恐れがある」と警告した。これまでに感染の疑いがある人は計約75万人に上り、2119人が死亡した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信