外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 マルハニチロホールディングスの子会社アクリフーズの農薬検出問題で、両社の検査でコロッケの衣から基準の260万倍に当たる2万6千ppmの農薬を検出していたことが7日、群馬県への取材で分かった。中身は4千ppmで、衣が高濃度だったことから、加工後に混入した可能性が高いとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信