外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ナイロビ共同】アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)で2013年から15年にかけ、天然資源の採掘で得られた鉱山使用料などのうち2割近い約7億5千万ドル(約830億円)が国庫に入らず、カビラ大統領周辺に渡った疑いのあることが分かった。環境問題などに取り組む国際非政府組織(NGO)グローバル・ウィットネスが23日までに報告書を発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信